Google+ Followers

2016年9月6日火曜日

境界杭

まち歩きの楽しみ

先日は、つぎのブログ(↓)

  かんらちゃん:群馬県甘楽町  マンホールの蓋
http://geogunma.blogspot.jp/2016/09/blog-post.html

で、マンホールの蓋を紹介しました。

きょうは、境界杭を紹介します。
2016.8.7
こちらは、八王子祭りのときに撮ったもので、八王子横山町郵便局前の境界杭です。
コンクリート製の境界杭が一般的ですが、「郵政省」とある境界杭は、御影石でつくられています。
2016.8.7
 八王子横山町郵便局前には、国道と都道との境界プレートもあります。
2016.9.2
こちらは、軽井沢郵便局前の境界杭です。
2016.9.2
角が割れていて、埋め込まれてからの歳月、風雪に耐えてきた歴史を感じさせる境界杭です。
2016.8.24
こちらは、まち歩きではないのですが、「浅間山噴火の痕跡を見る」ツアー(↓)

 「浅間山噴火の痕跡を見る」:浅間山火山現地見学会 浅間山北麓ジオパーク構想
http://geogunma.blogspot.jp/2016/08/blog-post_25.html

に参加したとき、浅間山麓で見つけた気象庁の境界杭です。
コケがはえてきていて、風格さえ感じる堂々とした境界杭といえるでしょう。

まち歩きのとき、
すこし足元に注意して、歩いてみませんか。
まち歩きが楽しめる〝すてきなお宝〟を
見つけることができるかも・・・

0 件のコメント: