2019年10月13日日曜日

南蛇井駅~下仁田駅間 終日運休

2019.10.13の上信電鉄

このたびの台風19号は、とても大きな台風で、私が暮らしているところでも、これまでに記憶がないほど多くの雨が降りました。
上信電鉄では、きょう(2019.10.13)は南蛇井駅~下仁田駅間について、終日運休するとのことです。
各地で大きな被害がでていますが、改めて自然災害のこわさを思い知りました。
ここで紹介している画像は、けさ(2019.10.13)の南蛇井駅です。
南蛇井駅発6:56の上り電車が出発するところです。
南蛇井駅~下仁田駅間については、きょう(2019.10.13)は終日運休とのことですが、南蛇井駅~高崎駅間の運行が台風一過の翌朝に再開されたことは、上信電鉄沿線で暮らすひとりとして、これほどうれしいことはありません。
運行再開にあたっては、念入りに架線やレールなどを点検されたと思いますが、保守管理作業にあたられた職員の方々に、心から感謝を申し上げます。

2019年10月11日金曜日

台風第19号

被害が出ないことを祈るばかり

千葉県で大きな被害が発生したばかりのこの時期、またまた大きな台風がやってくるとのことで、ただただ被害が出ないことを祈るばかりです。

以前、
    自然災害への対応-こまめに情報収集を!
で、降雨量や河川の水位などについて、こまめに情報集することをアップさせていただきました。
できるだけ早め早めの避難などを心がけ、家族と自分の身を安全に守りたいものだと思います。

きょうは、十三夜です。
ここ最近、台風が大型化してきたほか、
  この時期にこのコースで日本へ !?
といった〝異変〟も多くなってきたように感じています。
都市化の進展に伴って、ということもあろうと思いますが、電気の供給ストップなどライフラインの脆弱さも被害を大きくさせてきているように思います。

私は納得できない!

暴風などによって、自分が加害者になることがあるかもしれず、あるいは自分が被害者になることがあるかもしれない、そんなことも生じています。
自然災害と損害賠償については、私たちが日ごろから考えておかなければならない、そんな時代に日本がなってきているのかもしれません。
鉄道会社では計画運休を実施したり、航空会社では離発着見合わせて、台風に備えるとのことです。
風で吹き飛ばされた物で、よそ様にご迷惑をかけないようにと思い、私は家の周りを片づけましたが、いまはただただ大きな被害が出ないことを祈るばかりです。
皆さまには、お気をつけてお過ごしください。

2019年10月8日火曜日

日華石:帝國議會議事堂


にっぽん縦断 こころ旅 とうちゃこ 
862日目 石川県小松市 
2019.10.3放送】

この日に放送されたのは、石川県小松市観音下(かながそ)町にある日華石の採石場の風景でした。
 以前、私のブログで紹介したことがありますが、こころ旅は日本ジオパークに認定されている土地に行くこともあり、私にはたいへん興味ある番組のひとつです。
視聴者からの手紙をもとにして、自転車で目的地-こころの風景-をめざすという企画のよさもさることながら、火野正平さんのキャラクターがとてもよく、それがこの番組のいちばんの魅力であるといえるでしょう。
さて、この日華石ですが、全国から集められた石材のひとつとして 国会議事堂建築の際に使用されているものなのです。
 「帝國議會議事堂建築の概要」は、大蔵省営繕管財局によって昭和11年11月1日に発行されたもので、ここには全国から集められた石材と、それが使用されている部屋などが細かく記載されています。
圧倒的に花崗岩(石)が多く使用されていますが、大理石のつぎに日華石が記載されていて、106瓲が使用されたと記載されています。
これ(↓)は、参議院のHPから転載したものです。
日華石が採用された理由については、「帝國議會議事堂建築の概要」に記載されていませんが、花崗岩と組み合わせる際の色合いのバランスがよいという理由での採用ではなかっただろうか・・・と、私は想像しています。
いまでも地元での塀づくりなどで、日華石が採掘されているようですが、こころ旅は思いがけない場所-この日の放送では日華石の採石場-に連れて行ってくれ、たいへんおもしろい番組だと思います。
この秋の旅は、富山県から出発して、石川県のあと、いま(2019.10.8現在)は福井県で、こころの風景を紹介しています。

こころ旅については、NHKのHPで放送予定などを見ることもできます。

どうぞ、ご覧ください。

2019年10月7日月曜日

278,813人:2019年度上期入場者数

世界文化遺産・旧官営富岡製糸場

2019年4月~9月までの入場者数は、278,813人という発表がありました。

※ これまでのブログを、
この文字色で紹介しておきます。
 こちらもご覧いただければ幸いです。

  世界遺産・富岡製糸場入場者

この発表をもとにして、整理したのが次の表になります。
前年度の同期には、308,555人の入場者数でしたので、
  29,742人の減少になったことになります。
前々年度の同期には、387,750人の入場者数でしたので、
  108,937人の減少になったことになります。

   「富岡製糸場の入場者激減」 
     「世界遺産初年度の半分以下」

これからの下期において、どのように入場者数が推移していくかわかりませんが、前年度には年度末に入場者数が増えています(2018年度の12月から3月までの対2017比(%)をご覧ください)ので、今年度も下期において大幅に入場者数を増やしていってほしいものだと思っています。

 年度末には 高校・大学生、小・中学生、未就学児、 
 介護者、富岡市民 が多くなる??

下の画像は、旧官営富岡製糸場内の社宅跡です。
庇のトタンが赤くさびていたり、壁が落ちていたりして、廃屋の雰囲気になっています。
予算の都合等もあって、この社宅跡の整備、修復作業は、後回しにされているといいますか、おそらく順番待ちといったところなのでしょう。
早くに整備、修復すべきものから順番に作業を行っていると思うのですが、ますます傷みが進んできているように感じる建物などを見るたび、この整備、修復のスピードで間に合うのだろうか・・・と、私はたいへん心配しています。

  最低50万人/年間の見学者数の確保が必要
     80万人・5億円であったのでは・・・?

2019.6.25の読売新聞(群馬版)には、
 富岡製糸場と絹産業遺産群が世界文化遺産に登録されてから、25日で5年がたつ
という書き出しで、つぎの記事が掲載されました。
そして、この記事には、
  市は2015年から約35億円を投じて改修を進めており、資料の展示ギャラリーやコンサートの開催が可能なホールを設ける。プレオープンは来年5月の予定だ。
とあります。
つぎの記事は、2019.8.27の上毛新聞になります。
この記事では、
 登録から5年がたち来場者が減少する中で、4資産の価値を伝えられる活用方法について具体的にまとめる。
となっていて、
 県は2020年度中に新たな活用計画策定をめざす
ということです。
 
   世界遺産に「殺された」富岡製糸場の教訓
      「世界遺産登録」などの世界のブランドに頼る前に

2019.9.10の上毛新聞には、2021年の大河ドラマは、渋沢栄一を主人公にしたものだという記事が掲載されました。
渋沢栄一がお雇い外国人のブスケ(フランス)に、
 富岡に製糸場をつくるのだが、指導できる適任者を紹介してくれないか
と頼み、ブスケが渋沢栄一に紹介したのが、ブリューナ(フランス)であったことをはじめ、官営富岡製糸場をつくるとき、現在の埼玉県深谷市出身の人物が渋沢栄一のほかにも大きく関わっていました。
渋沢栄一については、新しい1万円札の顔になるということで、大きな話題性があるうえ、官営富岡製糸場がNHK大河ドラマに登場すれば、ドラマに登場した場所として、多くの観光客が訪れることでしょう。
NHK大河ドラマによる観光客増効果は、その大河ドラマが放送されているときとその前後だけであり、別のNHK大河ドラマの放送がはじまれば、そちらに観光客はシフトしていくことになります。
NHK大河ドラマに限らず、これまでに映画やドラマの舞台、ロケ地になったところを見ますと、大きな話題になればなるほど、一気に多くの観光客が訪れる(急増)のですが、その波が引いていくのも急激(急減)だということがわかります。
おそらく、渋沢栄一を主人公にしたNHK大河ドラマがはじまる前年の2020年から、実際に放送がはじまる2021年には、旧官営富岡製糸場ではNHK大河ドラマの効果もあって、入場者数が増加していくことでしょう。
これを一過性のものにせず、持続していける工夫ができるかどうかも、県が2020年度中に策定をめざす新たな活用計画の大きな柱になるのではないかと思います。

  世界一つまらない世界遺産  富岡製糸場を救う妙案!?

旧官営富岡製糸場が世界文化遺産に登録されて5年、いままさに富岡市は、これから先の保存と活用をどうしていくのか、その正念場を迎えているということかもしれません。

2019年10月6日日曜日

予選会もおもしろい!!

NHKのど自慢
 2019.10.6(日) 群馬県富岡市から放送

NHKのど自慢は、1946年からラジオで放送が始まり、1953年からはテレビで放送されている長寿番組で、戦後の日本とともに歩んできた番組といってよいかもしれません。
私がこどものころは、宮田輝アナウンサーが司会をしていて、のど自慢を見ながら家族でお昼ご飯を食べるというのが、当時は私の家ばかりでなく、地域全体いや日本全体の日曜日のランチタイムであったかと思います。
下の画像は、きのう(2019.10.5)の予選会の会場前です。
開場は11時すぎということですが、朝早くから大勢の方々が並んでいました。
のど自慢は、いまでもたいへん人気がある番組だということがよくわかります。
予選会のおもしろさ、すばらしさは、予選に出場する250組の方々が歌う曲、そのすべてを生演奏で行うことです。
途中で休憩が入りますが、昼ごろから始まって、きのうの予選会ですと、出場者が歌い終わったのが16:20ころでしたので、その間はずっと演奏していることになります。
きょう(2019.10.6)の放送では、20組(20曲)ということになりますが、半日で250組(きのうの場合、数組の欠席がありましたので、230組ほどの出場であったかもしれません)の演奏をするというのは、プロといえどもたいへんなことではないかと思います。
生演奏のすばらしさ、曲の切り替えの早さに注目すると、予選会のおもしろさが、より一層感じられるのではないかと思います。
出場者の緊張感をやわらげ、会場の雰囲気を盛り上げる舞台監督の動きも見逃せません。
ステージの上で、中央で歌っている出場者の近くで、手拍子をしているのが舞台監督です。
きのうの舞台監督は、のど自慢が数年前に富岡市で行われた際にも来られた方であったと記憶していますが、おもしろおかしく注意事項をうまく説明し、すこし会場が静かかな・・・というときは、会場の方々に手拍子を促すなど、舞台監督の動きを見ているだけでも予選会は、たいへんおもしろいと思います。
出場者が自分の出場場面を見ることができる時差再生も、たいへんよいサービスだと思います。
下の画像は、出場された方が自分の出場場面を撮影しているところです。
のど自慢はカラオケと違って、エコーを効かせないと聞いていますが、実際に歌ってみて、なかなか難しいものだと思いました。
ほんとうに自分の声だけがよく聞こえるというのでしょうか、ごまかしがきかないということではないかと・・・。
数年前に富岡市で、NHKのど自慢が放送されたとき、その前日の予選会を見に行きました。そのときにはなかったと思うのですが、きのうの予選会では、舞台裏見学ツアーが行われていました。
中継車の内部を見せていただき、中継の仕組みを教えていただいたり、音声のミキシングなどの作業をはじめ、舞台裏を見せていただくツアーは、たいへんおもしろいものでした。
ここで、きのうの予選に出場された方々のなかから、私の印象に残った3組を紹介します。
羽根をつけて歌った方で、とても歌のじょうずな方でした。
さらには、こんな方も・・・
この方を初めて見たとき、
  あの映画の船長が、どうしてここに!?!? 
とビックリ仰天してしまいました。
衣装と扮装に気合がはいっているうえ、歌のすばらしい方でした。
そして、のど自慢といえば、この衣装とコミカルな動きがおなじみ(↓)ですが、きのうの予選会に出場された方は、私がこれまで見てきたのど自慢のなかで、いちばんじょうずであったかもしれません。
残念なことにこの3組の方々は、きょう(2019.10.6)ののど自慢に出場することができませんでしたが、のど自慢出場をめざして、こんなにも熱く、がんばっている方々がいることを知り、とても感動した一日となりました。
のど自慢はテレビで見るだけでは、ほんとうのおもしろさが理解できないかもしれません。
やはり、実際に会場に行く、そして参加してみることによって、のど自慢のおもしろさ、長寿番組の理由がわかってくるのではないかと私は思います。

【私からのご提案】
あなたのお住いのまちに、のど自慢がやってきたときは、出場申し込みと観覧申し込みを送ってみませんか。
とても申込数が多いため、なかなか出場できませんし、観覧申し込みも×ということが多いものですが、それでもめげずに送りましょう。
私の場合、3回目の出場申し込みで、初めての予選会出場を果たすことができました。
きょうの観覧申し込みについては、6,606通の応募があったとのことで、
私が送った観覧申し込みは、残念なことに×となってしまいました。
ということですので、私はきょうもテレビで、のど自慢を見るつもりです。

2019年10月4日金曜日

土合砂防堰堤が選奨土木遺産に!

群馬県で16件目の認定

みなかみ町湯檜曽にある土合砂防堰堤が、土木学会による選奨土木遺産に認定されたとの報道(↓)がありました。
土合駅から谷川岳に向かって歩いていくとき、よく橋の上から眺めていたものでした。
グーグルマップで上流側からのようすをご覧いただいています。
1941年に建設されたとのことですが、いまもしっかりしているのは、よほど当時の方々の設計・施工がよかったからなのでしょう。
 夏の暑い日には、ここで涼んでいたものでした。
いまは、紅葉が美しくなってきていると思います。
谷川岳にお出かけの際は、選奨土木遺産に認定された土合砂防堰堤もご覧になってください。
植物に関心のある方は、土合砂防堰堤の上流部で、ユビソヤナギの群落を見ることもできます。
群馬県内の選奨土木遺産(↓)です。
 認定された選奨土木遺産は、土木学会のHP(↑・↓)で見ることができます。
先人の英知、努力を学ぶことができる選奨土木遺産は、私たちの身近なところで見ることもできます。
この秋、選奨土木遺産めぐりをしてみませんか。

2019年9月30日月曜日

まさに秋の空!!

きれいな青い空と白い雲

きょうは、ことのほかきれいな空でした。
上信電鉄の電車と秋の空をご覧ください。





2019年9月29日日曜日

10/5(土) ブラタモリ

浅  間  山

いよいよブラタモリに浅間山が登場します。
群馬県内の日本ジオパークとして、たいへんがんばっている浅間山北麓ジオパークの魅力をいっぱい紹介してくれるのではないかと期待しています。
予告では、熔岩樹形も登場するようです。
国指定特別天然記念物になっている浅間山熔岩樹形では、貴重なヒカリゴケを見ることもできます。
鎌原の観音堂も紹介されるようです。
火山は温泉などの恵みを私たちにもたらしてくれていますが、ときに噴火して大きな被害を私たちにもたらすこともあります。
天明三年の浅間山大噴火のあと、鎌原地区の方々をはじめ、大きな被害を受けた地区の方々が助け合って、復興してきた歴史は、現代に生きる私たちに多くのことを教えてくれると思います。

 どうぞ、
     10/5(土) ブラタモリ 浅間山
                  をご覧ください。