2017年7月30日日曜日

およそ半分に-2017.6月

世界文化遺産・旧富岡製糸場入場者数

まもなく7月が終わります。

2017年度の第1四半期分の3か月については、前々年度の同月に比して、大幅(5・6月については、およそ半減)に入場者が減っています。
これから8月になって、夏休みで来られる入場者数がどのくらいになるか、その数字が気になるところです。
まもなく7月の入場者数が発表されると思いますが、前々年度・前年度の同月より増えているとよいと思っています。
なぜなら入場者数の減少は、入場料金の減収となり、それが富岡市の財政に大きな影響を与えることになると考えられるからです。
この画像(↑)は、2015.6.15(月)に撮影したもので、とてもにぎわっていたときです。
団体予約状況は、先ほどHP(↓)を見たところ、ご覧のとおりでした。

http://www.tomioka-silk.jp/tomioka-silk-mill/

来月は、まだまだ団体予約が可能とのことですので、ぜひ皆さまおそろいで、世界文化遺産・旧富岡製糸場にお出かけいただければ幸いです。

2017年7月28日金曜日

上信電鉄-2017.7月編

コンニャクが大きく育っています

当地の名産であるコンニャクが大きく育ってきています。
2017.7.28
 7000形は今年の3月中旬から目にしていなかったのですが、今月に入って走行する姿を見かけるようになりました。
すてきなカラーリングと美しい車体は、鉄道ファンを魅了してやみません。
2017.7.19
群馬サファリのラッピング電車は、まさにサファリというイメージで、精悍な姿をしています。
夏の青空に似合う電車といってよいかもしれません。
2017.7.18
夏の青空に似合う電車といえば、このマンナンライフのラッピング電車も夏の青空に映えて、とてもかっこよい電車です。
2017.7.11
 コンニャク畑と日野KOTORAのラッピング電車です。
2017.7.1
夕陽のなかを走るぐんまちゃん電車です。
2017.7.22
夏の夜、日本一きれいなハイキングコースの山・神成山をバックに走る電車です。
これからも上信電鉄と沿線の風景を通じて、当地のすばらしい四季の移り変わりを紹介していきたいと思っています。

2017年7月23日日曜日

アド街ック天国(2017.7.22放送)

足だ 顔だ バストだ 
甘楽町・富岡市が放送されました!!

アド街ック天国で、私が住む富岡市が紹介されたことは、ほんとうにうれしいことです。
知り合いが出演されたり、食べに行った店が紹介され、とても楽しく視聴しました。
井森美幸さんは、上信電鉄の富岡駅前にあったデパート「ニュー丸川屋」の思い出を話されたり、富岡市民プールに遊びに来られたとき、近くの店で食べた〝ホルモン揚げ〟などのことを話されていましたが、こちらで育った人ならではの思い出に、『そういえば、ニュー丸川屋に行ったこともあったな・・』と懐かしく思い出しました。
群馬県立自然史博物館も登場しました。
BEST20~11までになります。
番組をご覧になった方は、すべておわかりかと思いますが、
  番組を見逃してしまった!
という方で、これが全部おわかりになれば、そうとうな甘楽・富岡通といってよいかと思います。
こちらがBEST10になります。
富岡市内の貫前神社、群馬サファリをはじめ、甘楽町内の楽山園、こんにゃくパークがBEST10に入っています。
この番組を視聴していて、
  おっ、これは!!!
と驚いたのが、甘楽町の中條さん家が気にスポで紹介されたことです。
甘楽町の轟地区であったかと思いますが、中條さん家は県道から見える道路わきにあって、秋畑地区のほうに出かけるとき、よく目にしていたからです。
残念ながら入園させていただいたことがありませんが、とてもおもしろそうなので、近いうちに行ってこようかと思っています。
たいへんおもしろい番組でした。

甘楽・富岡の気にスポ「中條さん家」にも
出かけてみませんか。

2017年7月22日土曜日

映画「お前はまだグンマを知らない」

群馬県先行公開中

原作を読んだことがありますが、
 なるほど、群馬県はこんなふうに見られているのか・・・
と感心する部分もありました。
群馬県に住んでいる人々にとっては、不思議でもなんでもないものが、よその県の人々から見れば、不思議このうえない・・・ということは、たくさんあるものだなとも思いました。
上毛新聞の#上毛つぶやきでのアンケートでは、
  おそらく映画館には行かない
がいちばん多く、およそ半数近くの47%を占めています。
この結果をもとに、私なりにその理由を考えてみたのですが、それはあまりにも群馬県民にとって、
  群馬県は、そこまでひどくはないよ!
という思いがあるのではないかなと 、そんなところではないでしょうか。
すくなくてもこんなに濃いキャラの高校生が、いまどきいるだろうかという疑問はあります。
私が高校生のとき、とんでもなく変なのがたくさんいたものですが、それでもこの漫画に登場する高校生には負けてしまうかもしれません。

まぁ、娯楽映画のひとつとして、気楽に映画を見ればよいのでしょうが、都道府県の魅力度ランキングで最下位あたりが定位置になってしまったかなという群馬県に住む人々に対して、多かれ少なかれ複雑な気持ちを与えてくれた映画であることは間違いないかもしれません。

皆さんは、この映画について、どのように思われますか。
 上毛かるたの読み札と上毛三山です。
これを撮影したのは、冬の時期ですが、いまは山も夏のよそおいになって、とても美しい姿を見せています。
秋になれば、美しい紅葉の山になります。

どうぞ、群馬県で先行公開中の「お前はまだグンマを知らない」を見に来ませんか。
群馬県に来られれば映画のほかに美しい山々も見ることができます。

2017年7月21日金曜日

下仁田ねぎの植え替え作業中に

とんでもないことが・・・・

下仁田ねぎの栽培、その伝統農法では、春に植え付けた下仁田ねぎを掘り取って、夏の土用に植え替えをします。
私の家庭菜園でも下仁田ねぎの植え替え作業を行いました。
ところが植え替え作業で、下仁田ねぎを全部掘り取ってから畑を耕していたとき、とんでもないことが起きました。
2013.3.19
上の画像の白い矢印の先にある棒の溶接部分が、はがれてしまったのです。
この棒には、前進とか後進、耕耘を切り替える役割があって、これがとれてしまっては、管理機を動かすことができません。
畑を予定の半分ほど耕耘したところでしたが、あとの半分が耕せないことには、
  『きょうのうちに下仁田ねぎを全部植え替えることができなくなる、よわったな』
と思い、すぐに管理機を購入したJA農機具センターに電話をしたところ、ありがたいことに購入したときにいろいろ親身に面倒をみてくれたKさんがほどなくわが家に来られ、
  「センターに持って行って、溶接し、午後3時ころには持って来る」
ということになって、なんとか予定した作業を一日で終わらせるめどがたったのですが、よもやこんなことが起きるとは、たいへんびっくりしてしまいました。

棒がすっと抜けて、棒を手にしたときには、ほんとうに驚きました。
という事情で、今年の下仁田ねぎの植え替え作業については、掘り取りから植え替え作業にいたる一連の作業を撮影することを忘れてしまいましたので、昨年の画像も使用して、下仁田ねぎの植え替え作業を紹介します。

私が紹介するのは、アマチュア農家の植え替え作業ですので、ご自分で植え替え作業をしたいという方については、プロの農家の作業をご参考にされることをおすすめいたします。
2016.8.11
まずは、下仁田ねぎを掘り取ります。
普通の葉物野菜であれば枯れてしまうと思いますが、下仁田ねぎは炎天下に置いておき、それを植えつけます。
2016.8.11
たくましい下仁田ねぎの根です。
根が植え替え作業で掘り取られるとき、 たくさんちぎれてしまうと思うのですが、夏の植え替えによって、新しい根を伸ばして、しっかりとした根になっていきます。
2017.7.19
 管理機が修理に行っている間、午前中に植え替えた分です。
2017.7.19
管理機の修理が終わって、わが家に届けていただいたあと、耕耘できなかった場所を耕耘して、すべて植え替えたときには、18時を過ぎたころになっていました。
これだけの植え替えに一日もかかるとは、とプロの農家の方がみれば、たいへんあきれてしまうかもしれませんが、暑い中での植え替え作業は、とても過酷な作業だということを実感した一日になりました。
たくさんの下仁田ねぎを植え替えるプロの農家の方のご苦労からみれば、おままごとのようなものですが、下仁田ねぎの栽培、そのたいへんさの一端を知ることができたのではないかと思っています。

これから土寄せや草取り、追肥などを行い、冬においしくなる下仁田ねぎへと育てていくことになります。

それにしても管理機の棒が折れただけで、おたおたしてしまって、管理機の折れたところをはじめ、植え替え作業の一部始終を撮影できないとは、実に情けないことであったと反省しているところです。

2017年7月16日日曜日

私が忍者になろうとしたころ

霧の遁兵衛・霧隠才蔵

いま、上映中の「忍びの国」が、とても人気があるらしい。
あるらしいと書いたのは、いまは私に忍者にあまり興味がないから、というところに原因がある。
しかし、私が子どものころ、忍者は私だけでなく、子どもたちのヒーローそのものであり、多くの子どもたちは
 ひそかに忍者になりたい
と思っていたものであった。
なかには、忍者になるための特訓をはじめる子どももいたし、手裏剣などを手づくりする子どももいた。
実をいえば、私も忍者になるための特訓を開始し、納屋にある鉄板などをやすりで削ったりして、手裏剣をつくったものであった。
そして、そのころのヒーローといえば、隠密剣士に登場する霧の遁兵衛であった。
霧の遁兵衛を演じた牧冬吉が、とにかくかっこよかったのである。
※ 画像は、インターネットの画像検索からお借りしたものです。
軽々と木の枝に飛び上がり、ときには屋根の上から飛び降りて、縦横無尽、自在に動き回る忍者は、まさに無敵のヒーローといってよい存在だったのである。
そこで私は、雑誌に掲載されていた忍者になるための手引きを熟読し、まずは忍者に必要なジャンプ力を身につけようと考えた。そして、わが家の畑にあるモロコシに着目して、この成長に合わせて、ジャンプ力を高めていこうという計画を立てた。
この画像は、2017.5.17現在のモロコシである。
当然のことであるが、芽が出てきてからしばらくは、まったく問題なくモロコシを飛び越えることができた。
ところが、大きくなりはじめるとどんどん伸びて、あっという間に私の背丈以上になってしまった。
2017.7.14 現在
つまり、モロコシの成長スピードに私のジャンプ力養成スピードがついていけず、このジャンプ力を高める計画をあきらめることにした。
つぎに取り組んだのが、手裏剣をつくることであった。
納屋にある鉄板や道具を駆使して、さまざまなかたちの手裏剣をつくっては、それを蔵のわきにつくった的に向けて、投げるという特訓をはじめた。
ところが、うまく的にあたらず、蔵の壁にあたることが多く、蔵の壁を傷つける結果となり、これが露見して、父にきつく叱られ、挙句の果てには、蔵のなかに放り込まれるという事態になってしまった。
暗い蔵の中で、じっと目を閉じて、どうやってここから脱出すべきか思案するのだが、忍者の初心者に蔵を抜け出す妙案がうかぶはずはなく、結局は母が蔵の戸をギーっと開けて、私を救出してくれるのを待たざるを得なかった。
的の場所がよくなかったことを反省した私は、庭先にあった大きな栗の幹に的を結わえ付けて、その的に向かって手裏剣を投げることにしたのだが、栗の幹の後ろの土手に突き刺さり、手裏剣が泥だらけになるため、投げるたびにいちいち洗わなければならないことに気づき、これも失敗に終わってしまった。
そうこうするうちに、わが家で畳替えをしたため、古畳を後ろの土手に置いて、栗の幹に的を結わ付けて、手裏剣投げの特訓を再開した。
これは、とてもうまくいき、私の手裏剣投げも少しずつ精度が高まり、かなり遠くからでも的にあたるようになった。
こうなるとおもしろいもので、いろいろな道具を自作していった。
水蜘蛛という忍者が水の上を歩くときにつかう道具をつくり、それを持って裏の川で実験したこともあった。
私はまったく水の上を歩くことができず、この実験は大失敗に終わったが、これも懐かしい思い出である。
そんな忍者熱もいつしか冷めて、勉学の道を歩みはじめたころ、たいへん衝撃的な映画を知ることになる。
それは、市川雷蔵主演の忍びの者シリーズである。
牧冬吉が演じた霧の遁兵衛もかっこよかったが、市川雷蔵が演じる霧隠才蔵のかっこいい姿に、忍者になろうとした幼かったころのことを思い出した。
しかし、このころになると現実の社会を見つめることができるようになっていたためか、もはや忍者になろうという気持ちになることはなかった。
忍者映画のなかで、いちばん好きなのはと問われれば、忍びの者シリーズ、それも霧隠才蔵を描いたものと私は答えるだろう。
いつの時代も忍者は、子どもたちのヒーローなのである。

いまもどこかに忍者になろうとして、モロコシを飛び越えたり、手づくりの手裏剣を投げている子どもがいるかもしれない。
私は忍者になる夢をあきらめたが、いま「忍びの国」を見て、忍者になりたいと思った子どもがいるとすれば、その夢をあきらめないでほしいと思う。

「忍びの国」なんて映画が公開されると、また忍者になりたいと思ってしまうではないか!!と考えている年寄りがいるほど忍者は、たいへん魅力ある存在といえるからである。

2017年7月15日土曜日

とうふ屋うかい大和田店

昼   膳 【2017.7.14(金)】

行ってみたい、行ってみたいと思っていたのですが、なかなか行くことができずにいた「とうふ屋うかい大和田店」に行ってきました。
とてもすてきな雰囲気です。
 注文したのは、昼膳です。
 まずは、前菜(↑・↓)です。
 どれもこれもおいしくて、あっという間に食べ終えてしまうほどでした。
揚げの炭火焼きもたいへんおいしく、とくに画像右の甘みそがかけてある揚げは、とてもおいしい感じがしました。
 くみあげとうふは醤油や塩、薬味との相性もよく、たいへんおいしいものでした。
食事は、海鮮丼でした。
新鮮な刺身と米そのものの甘みのあるごはんがよくマッチしていて、これもたいへんおいしくいただきました。
また、味噌汁もおいしいものでした。
とくに、味噌汁のなかのとうふのおいしいこと、
 さすがにとうふ屋さんの味噌汁だ!
と 大いに納得したおいしさでした。
そして、ぜんざいです。
あまり甘いものを得意でないのですが、品のよい甘さとでもいうのでしょうか、これもおいしくいただきました。
とうふ屋うかい大和田店に初めて行ったのですが、
 料理が出てくるタイミングがよいこと
 従業員の方々の動き-案内や料理の説明など-がとても洗練されていること
に感じ入ってしまいました。

店内のしつらえや庭園もさすがですが、私は従業員の方々の動きのすばらしさに感動しました。

いくら料理がおいしくても従業員の方々の態度がよくなかったり、店の雰囲気がよくなければ、おいしい料理もおいしくなくなってしまいますから。

また行ってみたい店でした。

2017年7月13日木曜日

鉢形城址:埼玉県寄居町

戦国の世とはいえ・・・

いまの埼玉県から東京都にかけて、豊臣勢の小田原攻めに関連して、落城した城が多くあります。
 この鉢形城もそのひとつです。
地形をうまく利用した鉢形城は、とてもすばらしい城であったと思います。
前田利家をはじめ、本多忠勝・真田安房守(NHK大河ドラマ「真田丸」では、草刈正雄さんが演じていました)らに攻められ、奮戦むなしく落城してしまいます。
戦国の世とはいえ、たいへん悲しい結果-落城-をむかえてしまいました。
荒川の流れの向こうに、鉢形城址があります。

1590(天正18)年、ここで繰り広げられた戦いに思いをはせるとき、胸の奥にじーんとくるものがあります。

それは、八王子城でもそうですが、落城した城跡が持つ空気感、その重さ、悲しさが伝わってくるからかもしれません。

※ 説明看板などには、鉢形城跡と書かれていますが、
石柱の表示-城址-に基づき、このブログでは鉢形城址としました。

2017年7月11日火曜日

ひまわり:丹生湖畔(群馬県富岡市)

夏が来た!という感じです

2017.7.11の午前、丹生湖畔のひまわりを見てきました。
 ひまわりの花、花、花・・・
 まさに夏が来た!という感じです。
ひまわりの花、青い空、白い雲と、夏の風景が広がる丹生湖畔です。
丹生湖畔へお出かけになる方には、つぎのブログでカーナビ設定の案内をしておきましたので、ご参考になさってみてください。

ひまわり畑-丹生(にゅう)湖畔・富岡市   ブログに異変・・・?!?!
http://geogunma.blogspot.jp/2015/07/blog-post_14.html

いま咲いている隣では、これから咲くひまわりがスタンバイ中(↓)といったところです。
これらが一斉に咲いたときには、さぞかし見事でしょう。

ひまわりの花が咲き、妙義山や大桁山をバックに、たいへん美しい風景が広がる丹生湖畔へお出かけになってみませんか。