2019年4月30日火曜日

今年も会えました!!

鉄道好きのキジ!?

昨日の朝、カメラを持って撮影に出かけたところ、いつもの撮影ポイントに先客さんがいるのに気づきました。
それも線路内に!!!
2019.4.29  5:45
 この先客さんは、電車が近づいて来ても動じるふうがありません。
2019.4.29  5:47
近づいてくる電車を見ていて、動くそぶりがないので、
  『そんなに近くにいては危ないよ』
と思っていたところ、やっとといった感じで線路の外へ。
つぎの動画は、以前のものです。

今年もまた会えた、と思うと、なんとなくうれしい気持ちになります。
2019.4.29  6:00
いったんは線路の外に出るのですが、電車が通過したあと、また線路に戻ってきて、電車の通過を待っています。
2019.4.29  6:00
近づいてくる電車、動く物に関心があるのかもしれませんが、なんともかわいい鉄道好きの仲間(と私は勝手に思っています)が今年もできて、とてもうれしく思っているところです。
2019.4.29  6:03
電車の通過後、また線路に戻ってきたキジです。
いま、上信電鉄沿線は、若葉で美しく彩られています。
上信電鉄沿線には、世界の記憶「上野三碑」をはじめ、たくさんの見どころがあります。
どうぞ、お出かけください。

2019年4月27日土曜日

フジの花

あしかがフラワーパーク

実に見事なフジの花です。
 先ほど、つぎのブログ(↓)
映画「今夜、ロマンス劇場で」
   あしかがフラワーパークのフジの花
をアップしました。 
訪れたときは、たまたま雨降りになってしまったのですが、それでも多くの方々がフジの花の見事さに感嘆の声をあげていました。
 枝の広がり、花の多さに、たいへん驚いてしまいますが、幹の太さにも驚きです。
 まだまだ美しいフジの花が楽しめると思います。
入場料は、フジの房の長さで決まるとか・・・
とても見事なあしかがフラワーパークのフジの花です。

2019年4月24日水曜日

かたや元院長、かたや容疑者とは・・・

公平な扱いといえるのでしょうか?

たいへん痛ましい事故が起きました。
事故を起こした加害者が事故後に救急車を呼ぶとか、被害者を助けるための必要な対応をせず、事故後に加害者が息子に電話をしたといった不可解な行動に驚きましたが、さらに事故を起こした加害者に対する警察の扱い、マスコミの扱いに驚いています。
ツイッターで、元院長で検索すると、たくさんのツイートを読むことができます。
 ツイッターでのツイートは、多くの人々が感じている疑問だと思います。
 かたや元院長という肩書で書かれる人物がいれば、すぐに逮捕されて容疑者と呼ばれる・・・、この違いは、いったいどこからくるのだろうと、多くの人々は疑問に感じていると思います。
おなじ交通事故の加害者でありながら、かたや元院長、かたや容疑者という扱いは、たいへん疑問と思わざるを得ません。
いまでも元院長と書くマスコミには、事故で亡くなった方々、けがをされた方々、ご遺族、ご家族の方々に対して、お悔やみやお見舞いの気持ちがないのでしょうか。
マスコミは、事故後に不可解な行動をとった加害者に対して、しっかりと責任を追及する記事を書くべきではないか、と私は思うのですが・・・。

2019年4月23日火曜日

「涼の音」(軽井沢)

おいしいモーニングセット

冬の間、休業していた「涼の音」(軽井沢)が、ことしも4月から営業を再開しました。
モーニングセット(A)になります。 
ことしの夏も軽井沢に行く楽しみができました。
 モーニングセット(C)になります。
まだ春先といった感じの軽井沢ですので、すこし朝は肌寒い感じがします。
そのためか、店内では薪ストーブの火を燃やし、ほんわかと暖かくしていますので、とても居心地よいものになっています。
 静かな「涼の音」でいただくモーニングセットは、これから秋までの間、私の大きな楽しみです。
 「涼の音」の店内からは、まるで軽井沢の風景画そのものといった感じの風景が見られます。
 「涼の音」の庭には、小鳥の給餌台があって、そこに小鳥がやってきては、ヒマワリの種をついばんでいます。
「涼の音」で、軽井沢の朝を楽しんでみませんか?

2019年4月19日金曜日

4月19日は「地図の日」

このとき伊能忠敬56歳

きょうは、伊能忠敬が初めて測量に出発した
 寛政12年閏4月19日(1800.6.11)の
 4月19日
を記念して、「地図の日」になっているのだそうです。
 また、きょうは「最初の一歩の日」とも呼ばれているとのことで、春の新入学、就職の時期にふさわしい記念日といえるかもしれません。
伊能忠敬が初めて測量に出発した寛政12年4月19日、忠敬は56歳になっていました。
寛政12(1800)年の第1次の奥州街道・北海道から文化11(1814)年までの第8次の九州と往還路まで、56歳から70歳までの間、測量で日本全国を忠敬は歩きました。
 第3次(1802-7.10~1802.11.18)、第4次(1803.4.16~1803-11.20)、第7次(1809.10.6~1811.6.28)、第8次(1812.1.9~1814.7.9)の4回、忠敬の測量隊は群馬県を通過しています。
ここで紹介している地図は、第8次の測量で富岡市を測量した地図になります。
第8次のとき、忠敬は67歳から70歳になっていましたが、江戸から九州、中国地方と広範囲な地域を測量し、江戸への帰りに長野県軽井沢町から群馬県下仁田町、富岡市、藤岡市の下仁田道(または、追分道とも)を通り、秩父を測量後、江戸に戻っていきます。
伊能忠敬の測量ルートに興味のある方は、いろいろな本で紹介されていますので、それらをご覧いただくとして、忠敬はたいへんな健脚であったといえます。
ここで紹介した画像は、
   最終上呈版 伊能図集成[大図][小図](柏書房)
    からコピーさせていただいたものです。
現代は、いろいろな地図が発行されていますし、カーナビでの位置情報、グーグルマップなどによって、場所を調べたりするのにとても便利になりました。
「地図の日」のきょう、伊能忠敬の偉業に思いをはせ、いろいろな地図を眺めてみてはいかがでしょうか。

2019年4月17日水曜日

マンガン

ハーフメタル

東北大学准教授の梅津理恵さんが今年の猿橋賞に決まったというニュースです。

 マンガンやコバルトなどの金属元素を組み合わせて、磁力などを持つ「機能性磁性材料」を研究
 
していて、その功績が認められての受賞とのことで、たいへんおめでたいことだと思います。

河北新報 ONLINE NEWS 2019.4.16では、

 金属と半導体の性質を併せ持つ合金(ハーフメタル)で、パソコンの記憶容量の大幅な向上や消費電力を抑える効果が期待される。
 梅津さんはハーフメタルの単結晶を作り、理論計算通りの性質を示すか確かめることに成功した(要旨)

と梅津さんの研究成果を紹介しています。
つぎの画像は、かつてマンガンを採掘していたという〝穴〟になります。
坑道というのには、あまりにも狭く奥行きがないので、〝穴〟と表現してみたのですが、地元の方にお聞きしたところでは、

 マンガンを採掘していたといっても、ここは小規模なもので、掘り出したマンガンを叺(かます)に入れ、それを山から下に担ぎ下ろしていた程度であった

ということで、この場所では細々とマンガンを採掘していたのかもしれません。
マンガンについては、あまり知られていないかもしれませんが、とても重要な働きをしている鉱物の一つです。

 マンガンは単体としては産出せず、軟マンガン鉱 (MnO2)、菱マンガン鉱 (MnCO3) などとして産出する。
 戦前では日本国内でも製鉄用に採掘され、第二次世界大戦中には主に乾電池用としてマンガンを採掘する鉱山が多数開発された。
 とくに後者は日本各地で見られ、京都府中部(丹波地方)を中心に近畿地方に零細鉱山が集中して存在していた。
 しかし、1950年代以降の鉱物資源の輸入自由化によって激しい競争に晒され、全ての鉱山が1970年代までに閉山に追い込まれた。
 前者は東日本に多く(北海道上国鉱山、同大江鉱山など)、規模が比較的大きい事から1980年代まで存続したが、現在では岩手県の野田玉川鉱山において宝飾品材料としてバラ輝石が限定的・間欠的に採掘されている他は皆無である。
 この金属は、日本国内において産業上重要性が高いものの、産出地に偏りがあり供給構造が脆弱である。
 日本では国内で消費する鉱物資源の多くを他国からの輸入で支えている実情から、万一の国際情勢の急変に対する安全保障策として国内消費量の最低60日分を国家備蓄すると定められている。
 深海底には、マンガン、鉄などの金属水酸化物の塊であるマンガン団塊(マンガンノジュール)として存在しているが、コストの関係で試験的な採取に留まっている。
 (ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説)

私たちが生きるうえで、マンガンは不可欠なミネラルでもあります。

  マンガン【Mangan】 
 微量ミネラルのひとつ。
 元素記号はMn
 健康な体を維持するために不可欠なミネラル。
 茶葉、種実類、穀類、豆類など、特に植物性食品に多く含まれる。
 体内で化学反応を促進する酵素や補酵素の構成成分として、骨の石灰化や糖質・脂質・たんぱく質の代謝に働き、多くの酵素を構成する重要な役割をもつほか、神経機能の維持、記憶力向上、性機能・妊娠能力の減退予防、血糖値のコントロール、活性酸素を抑えて細胞膜の酸化・動脈硬化の予防などに効果が期待できる。
(出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典) 

   マンガン manganese 

 元素記号 Mn ,原子番号 25,原子量 54.938049。周期表7族の金属元素。
 主要鉱石にはパイロルース鉱,サイロメレーン鉱,菱マンガン鉱,テフロ石などがある。
 地殻に広く分布し,平均存在量 950ppm,海水中には 2μg/l 含まれる。 
 1774年スウェーデンの化学者 K.シェーレによって発見された。
 単体は銀白色の金属であるが,炭素を含むと灰色となる。
 4つの同素体がある。
 融点 1244℃,比重 7.217.44
 空気中では酸化されやすい。
 希酸と容易に反応し,水素を発生してマンガン (II) 塩となって溶ける。
 鉄鋼業において脱酸,脱硫剤として用いられ,また特殊高マンガン鋼,銅-マンガン合金,マンガンブロンズ,アルミニウム-マンガン合金,ニッケル-マンガン合金など重要な合金の構成金属として広く用いられている。
(出典 ブリタニカ国際大百科事典)

そういえば、いま、NHKみんなのうたでは、こんな歌が流れています。

  超変身!ミネラルフォーマーズ
      NHKみんなのうた とても楽しい歌です

私たちの暮らしに役立っている鉱物について、私たちはもっと関心をもつべきかもしれませんね。

2019年4月14日日曜日

上信電鉄・千平駅のサクラ

見ごろになっています!!

きょうの午後あたりから天気がわるくなるとのことで、きれいに咲いているサクラの花がどうなってしまうかな・・・と、たいへん心配しています。
以前に紹介した千平駅のサクラです。
きのうの朝の段階では、ご覧のとおり満開といいますか、いまが最高の見ごろといった感じでした。
 千平駅のサクラの花と電車です。
 南蛇井駅・千平駅間で四ッ又山をバックに撮りました。
遠くにサクラの花が見えています。
千平駅・下仁田駅間の踏切です。
モモの花、サクラの花がきれいに咲いています。
『きょうあたりお花見に行きたいな・・・』と思っている方は、気象情報をよく確認されて、なるべく早めにお出かけされたほうがよいかもしれません。
上信電鉄・千平駅でお花見をしてみませんか?


2019年4月11日木曜日

世界遺産に「殺された」富岡製糸場の教訓

「世界遺産登録」などの世界のブランドに頼る前に

たいへん刺激的な内容ですが、とてもわかりやすく、納得できる

   世界遺産に「殺された」富岡製糸場の教訓
      アレックス・カー,清野 由美 2019/04/08 09:15

です。
世界遺産に登録された2014年度は、およそ1,337千人の入場者があったそうですが、昨年度の場合は 、およそ510千人と大幅に入場者が減ってきています。
 あるテレビ番組では、
  世界一つまらない世界遺産としてアピールしたらどうか
という提案が出されるなど、旧官営富岡製糸場は危機的な状況になっているといってよいでしょう。
世界遺産に「殺された」富岡製糸場の教訓
では、つぎのとおり述べられています。

人口約5万人の富岡市にとって、富岡製糸場が持つ観光的な価値は財政面でも地域維持の面でも大変に重要です。
    一方で世界遺産登録を維持するため、その修復・管理にかかる費用はこの先10年で100億円にも上るとされています。
    それなのに、その原資となる入場者数が下降線を描いていることで、目算が大きく狂い始めているのです。

こちらのブログをご覧ください。 
   世界一つまらない世界遺産 富岡製糸場を救う妙案!?

また、世界遺産に「殺された」富岡製糸場の教訓は、

日本人が大切にしてきた場所ならば、安易に「世界遺産登録」などの世界のブランドに頼る前に「日本が認めた」「地元の方々が守ってきた」といった視点を、今一度磨くべきなのではないでしょうか。

とも述べています。

まさにそのとおりだと私は思います。
片倉工業㈱富岡工場が操業を停止するとき、地元である富岡市長が閉所式に参列せず、また市議会議長や議員らも参列することなく、ひっそりと閉所式が行われたのは、いったいどういうことであったのでしょうか。

先の世界遺産に「殺された」富岡製糸場の教訓で述べられている
 「地元の方々が守ってきた」といった視点

 ひっそりと行われた閉所式
に至る経緯を考えてみるとき、ひっそりと閉所式を行わざるを得なかったことに、いまの旧官営富岡製糸場の入場者数が減少している原因のひとつ(それも大きな原因)があるのではないかと私は想像しています。
世界遺産に「殺された」富岡製糸場の教訓
は、とくにこれから世界遺産登録をめざそうとしている方々には、必読の論考であると思います。
また、すべての富岡市民が読んで、これから先どうしていくことがよいのかを考える参考にすべき論考だとも思います。

2019年4月10日水曜日

NHK「ラジオ深夜便」で紹介されました!

上信電鉄・南蛇井駅のオキナグサ

2019.4.9の朝に放送されたのですが、聴き逃してしまった!
 という方は、こちらの聴き逃しサービス(↓)でお聴きになってみてください。

ラジオ深夜便・聴き逃し・午前4時台・誕生日の花

南蛇井駅のオキナグサです。
2019.4.9 朝
 ラジオ深夜便で紹介されたオキナグサいっぱいの状況(下の画像の右側)です。
2019.4.9 朝
 ホームから改札口に歩いて行くとき、左側に見えるオキナグサ(↓)です。
2019.4.9 朝
南蛇井駅のオキナグサは、駅の構内に生えています。
オキナグサを見る際は十分にお気をつけください。
2019.4.9 朝
線路内には、絶対立ち入らないでください。
四ッ又山と鹿岳をバックに、南蛇井駅を出発する700形です。
2019.4.9 朝
オキナグサは4月9日の誕生花で、花言葉は華麗・告げられぬ恋だそうです。
まだまだ南蛇井駅でオキナグサの花を見ることができます。
くれぐれも気をつけて、
オキナグサの花を楽しんでください。

2019年4月6日土曜日

千平駅のサクラ

今年もきれいに咲きました

上信電鉄沿線には、花の見どころがいっぱいありますが、サクラといえば千平駅のサクラではないかと思います。
無人の千平駅にぽつんと一本、石垣の上にあるサクラで、たくさんの花がおてんこ盛り・・・ということではありませんし、質素といいますか地味な感じのサクラですが、とても味わい深さがあると私は思っています。
最興寺と南西神社のサクラもきれいに咲いています。
この画像の上に見えているのが、千平駅のサクラです。
画像左のサクラは、千平駅に接しているお宅のサクラです。
こちらのサクラも美しく咲いています。
春真っ盛り、花いっぱいの上信電鉄沿線です。
700形の向こうに見える山は、下仁田の名峰・四ッ又山になります。
花いっぱいの上信電鉄沿線は、世界の記憶・上野三碑をはじめ、西上州のすばらしい歴史を感じる見どころもいっぱいです。
この春、上信電鉄で楽しい旅を
してみませんか。