Google+ Followers

2018年7月1日日曜日

しもにたあじさい園+古代蓮の里

すばらしい連係プレー

いま、サッカーで盛り上がっていますが、サッカーなどのチームで行う競技で、いちばん大事なのが連携プレーであるとか・・・
それは、こうしたスポーツの分野だけでなく、いろいろな場面でも大事なことではないかと思います。
下仁田町観光協会では、
  あじさい園の帰りに立ち寄れるお花が見られる所ありますか?
という方に対して、古代蓮の里を紹介しているとのことで、これはとてもよい連携プレーだと思います。
つぎの地図で、位置関係をご案内します。
国道254号沿いに下仁田町観光協会の案内所がある道の駅しもにた、しもにたあじさい園があります。
古代蓮の里は、神成山のふもとにあり、しもにたあじさい園から見えるぐらいの近さにあります。
あじさい園と古代蓮の里がある場所は、下仁田町と富岡市であり、行政区域は違いますが、 お近くもお近く、まさにお隣どうしといった位置にあります。
そして、この位置関係の中央には、上信電鉄の南蛇井駅があります。
このふたつの場所で花を楽しむためには、南蛇井駅を利用して周遊されるのもよいかと思います。
しもにたあじさい園から古代蓮の里の方向を撮ったもので、この画像の正面奥に見える神成山のふもとに古代蓮の里があります。
花が好きな方々には、開花情報をはじめとして、いろいろな花の情報を得たいものであり、下仁田町観光協会の案内は、とてもすばらしいことだと思います。
下仁田町と富岡市が協調して、よい情報を双方で発信し合うことによって、
 古代蓮の里のつぎに、しもにたあじさい園に行こう。
 そのあと、下仁田で食事をして、世界文化遺産の荒船風穴にも行ってみよう
とか、
 しもにたあじさい園のあと、古代蓮の里に行こう。
 そのあと、富岡で食事をして、世界文化遺産の旧富岡製糸場にも行ってみよう
と、こういった観光の流れをつくっていくことは、とても重要なことではないかと思います。
けさも古代蓮の里では、朝早くから多くの方々が美しいハスの花を楽しんでいました。
たくさんの方々に出かけてほしい下仁田と富岡の花の名所です。

0 件のコメント: