Google+ Followers

2018年7月21日土曜日

チャツボミゴケ公園

もうススキの穂が・・・

きれいに整備されたということで、行ってみたいと思っていたチャツボミゴケ公園に行ってきました。
2018.7.20
ここは、群馬県中之条町の六合(くに)地区にあり、褐鉄鉱(かってっこう・limonite)を採掘していた群馬鉄山の跡地です。
2018.7.20
チャツボミゴケが生育する条件として、pHがどうのとか、金属成分がどうのこうのといったことは、いろいろな資料をネットで見ることができますので、そちらを参照していただくとして、これほど多くのチャツボミゴケを見ることができる場所としては、ここだけではないかということだそうです。
2018.7.20
岩と水、そしてチャツボミゴケなどの植物がつくる風景は、とても美しいものです。
2018.7.20
秋が深まってくるころ、チャツボミゴケは緑色が濃くなるといいますか、とてもきれいに変化していくとのことですので、そのころにもう一度行ってみたいと思っています。
2018.7.20
標高が1,150mほどだそうですが、もうススキの穂が出ていて、7月20日(土用の丑の日)であるにもかかわらず、ここは秋のような雰囲気もあります。
暑い夏の日、涼をもとめて、チャツボミゴケ公園に行くのもよいかもしれません。
また、チャツボミゴケ公園に行ったときには、ぜひ旧太子駅(おおしえき)に立ち寄ってみてください。
旧太子駅については、こちらのブログをご覧ください。

旧太子駅(おおしえき)




0 件のコメント: