Google+ Followers

2015年12月13日日曜日

とてもおいしくいただきました!

鹿丼(しかどん)

先に、このブログ記事(↓)

鹿丼(しかどん)-天然鹿 野生でなく天然とは うまい表現を考えたものです
http://geogunma.blogspot.jp/2015/11/blog-post_24.html

で紹介した鹿丼(しかどん)を食べてきました。
 これが埼玉県小鹿野町の新名物・鹿丼(しかどん)です。
ちょっとピリ辛の味噌漬けで、とてもおいしい味付けになっています。
懐ぐあいとの相談をしなくてよいのであれば、どんどんおかわりをしたくなるほど、ごはんが進みます。

いま、あちこちで野生動物による被害が発生していて、それらの駆除と利用などが大きな課題になっていますが、こうして鹿丼(しかどん)として、おいしくいただくことができれば、シカの皆さんにはまことにお気の毒としか申し上げられないのですが、増えている野生動物の対策として、とてもよいことではないかと思うのです。まったく、人間側の論理といえば、まさにそのとおりなのですが・・・

つい先日のこと、イノシシが乗車していた車に衝突してきたという事故を体験された方によって、つぎの記事がフェースブックに投稿されました。
この方が事故にあった近くの方にお聞きしたところ、この一帯には、イノシシ界の大ボスとも目されている大きなイノシシがいて、そのイノシシの統率のもと、多くのイノシシが夜になると農地などを荒らしまわっているのだそうです。
運転していた方にけがはなかったとのことですので、この事故の場合は、不幸中の幸いといってよいかもしれません。
しかし、大型の野生動物と衝突すれば、大きな交通事故になることも十分に考えられます。
また、野生動物による農作物などへの被害なども考えるとき、人間側の論理かもしれませんが、やはり人間界に被害を及ぼさないような対策を講じることを考えるべきではないかと思うのです。
シカやイノシシたちには、ほんとうに申し訳ないのですが、おいしく食べさせていただくことで、私たちの暮らし-農林業や商工業、流通、交通などetc・・・)を守らせてもらうしかないように思うのです。

日本の場合、もっともっとジビエを普及して、野生動物と人間の関係を良好なものにすべきではないかと・・・

もちろん、人間がむやみやたらに狩猟を行い、それがためにある動物を絶滅に追いやってしまう・・・、といったことのないように留意しなければなりませんが。

0 件のコメント: