Google+ Followers

2015年11月10日火曜日

とても楽しみにしています!!

お楽しみプレゼント

昨日、なにげなくネットで下仁田町役場の広報しもにたを見ていたところ、その11月号につぎの記事があって、たいへん驚いてしまいました。
PCの画面を撮影したもので、見づらいものになっていて、申し訳ありません。

広報しもにた は、こちら(↓)で読むことができます。

なんと、俳句部門の優秀賞3点のなかに、私の応募作品が選ばれていたのです。
それにしても、10月8日に開催されたジオパーク下仁田協議会において、優秀賞に選んでいただいたのであれば、そのことを広報に掲載する前に一報していただいてもよいように思うのです。
不思議なのは、選ばれた作品は広報しもにたに掲載されているのですが、応募者の氏名が掲載されていないことです。
これは、いったいどういうことなのでしょう・・・?
たとえば、応募した方のなかで、
 私の名前を掲載しないでくれ
とでも言っているとすれば、その方だけの名前を掲載しなければよいことではないでしょうか。
一般的には、選んだ作品だけでなく、応募者の名前も掲載する思うのですが・・・
広報しもにた 7月号 募集のお知らせ
広報しもにた7月号に掲載されたテーマ等を募集した記事には、個々に選考結果を知らせると書いてありませんが、

私の経験では応募した時点で、
 応募ありがとうございました。今後、審査をしたうえで・・・
といった手紙やメールは、必ずいただいています。

そして、審査後には、
 残念ながら貴台の作品は、落選となりました・・・
とか、
 おめでとうございます。貴台の作品が優秀作品に選ばれました。ついては、下記により表彰式を・・・
といった手紙もいただいています。

私のところだけに、下仁田町役場からそういった連絡がなかったのかもしれませんが、応募された方々には、応募していただいたことへの感謝と審査結果、今後もよろしくお願いします、といった礼状ぐらいは送るべきかと思います。

今回の事例でいえば、応募していただいた方々に対して、
 応募していただいたことを感謝し、今後ますますの協力と支援をお願いしていくという姿勢を持たなくては、
  持続的な活動の展開が困難-協力してくれる方々が不在となってしまう状態へ・・・-
     となるのではないかと、そんなことをとても危惧しているところです。
というような余分事はさておいて、いまは
 お楽しみプレゼント
が送られてくることを心待ちにしているところです。
 どんなプレゼントが送られてくるのだろうか・・・・
               ※ 送られてきましたら、このブログで紹介いたします。

そういえば、ジオパーク下仁田協議会について、委員に支払われるべき報酬が支払われれていない・・・、といったことを耳にしました。
下仁田町役場のHPから。 赤い矢印は、本多が付しました。
よもや、そのようなことがあろうはずがないと思うのですが、それがほんとうのことだとすれば、たいへん由々しき問題ではないかと・・・

なにはともあれ、優秀作品に選んでいただいたことは、私にとって、たいへんうれしいことでありました。

0 件のコメント: