Google+ Followers

2016年10月19日水曜日

下仁田ねぎ:家庭菜園

下仁田ねぎの芽が出てきました。
きのう(2016.10.18(火))の夕方の状況です。
針のように細長い芽、これが下仁田ねぎの芽です。

以前、

下仁田ねぎ 下仁田ねぎの種を蒔きました。
http://hahumaebayama.blog.fc2.com/blog-entry-49.html

で紹介しましたが、来年の冬には、この小さな芽が大きく育ち、鍋物に欠かせない下仁田ねぎとなります。
2016.10.16(日)のようす
2016.10.15(土)のようす
無事に発芽しましたので、まずは一安心といったところですが、これから寒い冬、暑い夏を越していくことになりますので、これからも気が抜けない日々が続くことになります。
2015.12.17(木)
あと1か月半ぐらいすれば、おいしい下仁田ねぎを食べることができるようになります。
とろりとした甘みで、主役の肉に負けない存在感を鍋のなかで発揮する下仁田ねぎは、ねぎのなかのねぎ、まさにねぎの王様といってよいでしょう。
2016.10.18(火)
みかんが色づいてきました。
2016.10.15(土)
できぐあいをみてみようと食べてみました。
画像は、美しいみかんの断面です。
みかんの香り、これはいい香りがしたのですが、まだ甘みが少ない感じでした。
こちらも冬の味として、とても楽しみにしているところです。

0 件のコメント: