Google+ Followers

2018年1月5日金曜日

ろうばいの郷(安中市松井田町)-年年歳歳花相似たり

歳歳年年人同じからず

安中市松井田町のろうばいの郷は、今年もきれいな花がたくさん咲き、甘い香りが園内いっぱいに。
冬の寒い日、よく晴れた青空の下で、美しく咲いているロウバイの花を見ていて、ふと、柄にもなく
  年年歳歳花相似たり 歳歳年年人同じからず
を思い出してしまいました。
花は変わることなく咲き、自然は変わらないけれど、人の世は変わりやすいものだ
といった意味になるでしょうか。
私たちが花を見て、
 あー、きれいだな
と感動するのは、毎年毎年同じ時季になると、変わらずに美しく咲いてくれる、その姿に心が動かされるからかもしれません。
もちろん美しい花の姿そのものに感動することもありますが、四季がはっきりしている日本の場合、季節の変化にともなって、それぞれの季節に咲く花が咲き競い、野山を彩る、その変化を楽しむ風流な心を日本人の多くが持っているからともいえるでしょう。
このように考えてみると、ロウバイの花見は、これから続くウメの花見、サクラの花見の先頭打者のようなもので、毎年きっちりヒットを打ってくれる、そんな安心感を与えてくれる存在といってよいかもしれません。
多くの日本人が好む野山への繰り出し、その1年の最初がロウバイの花見とすれば、1月のロウバイの花見は、初花見、花見初めということにもなります。
太陽の光がロウバイの花をやわらかくつつみこんでいます。


ろうばいの郷へ
花見初めに出かけてみませんか。

0 件のコメント: