Google+ Followers

2018年1月29日月曜日

「浅間の恵み 高原野菜 ジオパーク」

「かるたでよむ 私のふるさと」

私が「かるたでよむ 私のふるさと」に応募した
 「浅間の恵み 高原野菜 ジオパーク」
が、代表句のひとつに選ばれ、2018.1.28(日)に開催された
 上毛かるた70周年記念シンポジウム
において、ほかの方の作品とともに紹介していただきました。
この読み句に込めた私の思いについては、つぎのブログ(↓)
力あわせる二百万 上毛かるた
でも簡単に紹介しましたが、浅間山北麓ジオパークの皆さんのがんばりに感動したこと、これが
 「浅間の恵み 高原野菜 ジオパーク」
になったものです。
これまでに私が紹介した浅間ジオ関連のブログ、そのいくつかを紹介します。

「浅間山噴火の痕跡を見る」:浅間山火山現地見学会


上州三原駅と線路跡をたどり歩く


草軽電鉄線路跡ツアー 【2017.6.11(日)】  嬬恋駅と芦生田線路跡  常林寺までたどり歩く②


美しい浅間山ろくの景観 群馬県嬬恋村鎌原(かんばら)


ジオサイトで座禅体験 浅間山北麓ジオパーク

この読み句には、
がんばっているジオパークを応援したい、
浅間山北麓ジオパークで、がんばっている皆さんを応援したい、
という思いを込めています。 

かつてジオパークは、スタジオパークだった?! ジオパークの〝今昔物語〟

で紹介しましたが、私がジオパークに関心を持ったころは、こんな状態(↑)でした。
いまは、多くの方々に理解され、ジオパークの認知度が高まってきましたが、
 これからますます日本のジオパーク活動が発展していくことによって、地学分野の研究の進展はもちろんのこと、それぞれのジオパークにおいて、ふるさとの歴史や文化を大切にする機運が高まり、人々が心豊かであるとともに経済的にも豊かなふるさとづくりができるはずだ、
と、私はジオパーク活動に大きな期待を寄せています。
その思いからジオパークに対して、これまでも私の考えをブログなどで紹介してきましたが、今後もジオパークの活動がますます発展していくことを願って、私の考えを発信していきたいと思っています。

浅間山北麓ジオパークのジオツアーに参加してみませんか。
浅間山北麓ジオパークでは、すばらしい人々、美しい風景、楽しいもの、おいしいものに出会うことができます。

シンポジウムのようすが大きく掲載されています。
いただいた賞品(↑・↓)です。
早速、居間の壁に飾らせていただきました。
それともうひとつ、きのうのシンポジウムではうれしかったことがありました。
それは、分福酒造の「舞風 純米吟醸 分福」を抽選でいただけたことです。
早速、昨夜は「分福」をおいしくいただきました。
きのうは、とてもうれしい、そして改めて上毛かるたの偉大さを認識した一日になりました。

記念シンポジウムのようすは、こちらをご覧ください。
上毛かるた70周年記念シンポジウム


0 件のコメント: