Google+ Followers

2016年7月28日木曜日

「温泉の図記号そのままで」

「温泉記号 理解に努力を」

先日の読売新聞「気流」に、
 温泉記号 理解に努力を
と題する投書が掲載されました。
つぎは、以前にブログ(↓)

なんでもかんでも国際標準でなくてもよいのでは?
    国際化が進む時代だからこそ、
        その国だけのものがあってもよいのでは?
http://geogunma.blogspot.jp/2016/07/blog-post_19.html

で紹介させていただいた
 温泉の図記号そのままで
と題する投書です。
私は、このおふたりの意見に賛成です。
私は、国際標準にすべきものとしなくてよいものを明確にする、これがいちばん大切なことではないかと考えています。
つぎは、Facebookに投稿されたNHK NEWS WEBです。

NHK NEWS WEBがFacebookに投稿して2時間、そのわずかな時間で、多くの方々が閲覧、コメント、シェアもあるということは、温泉の図記号の見直しについて、高い関心があるということではないでしょうか。
ネット上の書き込みを読んでいますと、
私には、温泉の図記号を国際標準のものにする-見直し-ことについて、
多くの方々が疑問-消極-に感じているように思えます。
あなたはどのようにお考えになりますか?

0 件のコメント: