Google+ Followers

2016年7月15日金曜日

吾輩は鉄道ファンのキジである

乗り鉄、撮り鉄、呑み鉄いろいろあれど
吾輩は鳥鉄である

けさ(2016.7.15)は雨が降っているため、電車を見に行かないが、このところ吾輩が行く場所で、吾輩を撮影している者がいる。
この者は、よほど物好きとみえて、吾輩が線路わきに到着して、
 ケーン、ケ~ン
と大きな声で鳴くと、カメラを持って、すぐに家から飛び出してくる。
よほどの暇人とみえる。
その者が撮った吾輩の動画である。
きのう(2016.7.14)の朝、いつもの場所で電車を見ているところである。
下仁田駅を出発した電車が南蛇井駅に近づくとき、最興寺前の踏切警報機が鳴り出すが、その音を聞くとうれしくなって、思わずからだを大きくふるわせて、 
 ケーン、ケ~ン
と大きな声で鳴いてしまうのである。
線路に近づきすぎる、と仲間に注意をされるのだが、どうしても近くに行ってしまうのである。
この画像は、きのうの朝、電車が通過後に撮られたもので、赤い矢印の先が吾輩で、白い矢印の先が畑のなかの盛り土で、この盛り土に吾輩が登り、電車を見ているところを写された場所である。
ノーカット版とカット版をつくるとは、実に丁寧なことである。
誠に感心、感心。

この盛り土の上だと、吾輩の後ろ姿しか写してもらえないため、吾輩の正面も撮ってもらおうと思い、7/12の朝に続いて、きのうの朝は、盛り土がある畑の反対側に行ったのだが、なかなかのハンサムだと気づいていただいただろうか。

吾輩が電車を見に出かける場所は、

コンニャク畑&上信電鉄
NHK「ニッポンぶらり鉄道旅」で放送(2014.9.4)された撮影ポイント
http://geogunma.blogspot.jp/2015/07/blog-post_13.html

で紹介されている撮影ポイントの近くである。
運がよければ、コンニャク畑のわきを通過する上信電鉄の電車とともに、吾輩も撮ることができるだろう。

ぼつぼつ梅雨が明けると思うのである。
上信電鉄の電車、青空と白い雲、緑の山々、コンニャク畑、そしてと吾輩をたくさん撮ってくだされ。
お待ちしているぞよ。

0 件のコメント: