Google+ Followers

2016年7月27日水曜日

まさか!こんなときにも役立つとは!!

いまや必需品かも・・・

先日の読売新聞に掲載された記事です。
青なのに「信号無視」切符
 ということで、とても信じられないニュースですが、所詮は人がやることであり、誰にもまちがいはあることです。
つぎの画像(↓)は、私が乗っている車に取り付けた車載カメラです。
私の場合、行きつけの修理工場の社長から、

 うちのお客さんが交差点で、車どうしの衝突事故を起こしたのだが、相手方が
 こっちのほうが青で、あんたのほうは赤だった
と主張して、
 まったく話し合いにならず、困ったことになっている

と聞いたため、事故を起こさないことがいちばんですが、もしものときに車載カメラがあれば、こういったトラブルを防ぐことができると思って、修理工場に注文して車載カメラを取り付けました。
その後、友人らから聞いたところでは、交通事故の処理をめぐって、双方の主張が真っ向から対立し、示談などの処理ができず困っている事例が多いようであり、そんなときの対応として、やはり車載カメラは必需品かもしれないと思っていたところ、交通違反処理をめぐっても有効(?)なものとわかりました。
私の車の車載カメラで撮影した映像です。
広角レンズで、とても広い範囲が撮影できます。
交差点を青信号で通過している場面です。
年月日と時刻も記録されますので、なにかあったとき、車載カメラはとても役立つものではないかと思います。
車載カメラをつけていなかったとすれば、警察官の言いなりになってしまったことになります。
いまの時代、自分で自分を守るといったことも必要なことであり、交通事故の当事者になったとき、事故後における無用のやりとりをなくし、早期にきちんと解決したいものだと私は思っています。
もちろん、車載カメラによる映像は、交通事故のとき、相手方の非だけでなく、自分の非も撮っていることになります。
私の場合ですが、車載カメラを設置後、自分の運転が前よりもていねいになったように思います。
これは当然のことですが、車載カメラは自分の運転を記録するものであり、車内の会話なども録音されていますので、なにかあったときには、まさに〝動かぬ証拠〟となるからです。

高齢者マークの車が増えてきている昨今、高齢者が車載カメラを車に取り付けることは、交通事故対応ということだけではなく、自分の運転を映像として記録しておくことになりますので、高齢者(だけでなく、どなたにとってもということになりますが)にとっては、とてもよいことであるかもしれません。

車載カメラは、いまの時代の必需品、
といってよいのではないでしょうか。

0 件のコメント: