Google+ Followers

2018年6月11日月曜日

梅雨のころの花といえば・・・

アジサイの花

きのうのブログ(↓)

古代ハスの花  石坪の池 (富岡市神成(かんなり))

で、石坪の池の古代ハスを紹介しましたが、梅雨のころの花といえば、なんといってもアジサイの花をイメージされる方が多いのではないでしょうか。
けさ(2018.6.11)のアジサイの花です。
雨に似合う花とでもいうのでしょうか、しっとりした空気のなかであればこそ、アジサイの花の美しさが際立つように感じます。
アジサイの花に限らず、どの花も午前中、それも早朝とか早い時間帯に見たほうがみずみずしくて、色もあざやかなように感じます。

ここにカタツムリでもいれば・・・と思うのですが。
アジサイの花につきものともいうべき存在であるカタツムリですが、このところカタツムリが減ったのか、あまり見かけなくなりました。

アジサイの花を撮っているとき、上信電鉄のラッピング電車(桃源堂)が通過していきました。
しばらくは、梅雨空が続くかと思いますが、美しいアジサイの花を眺めながら過ごしたいと思っています。

0 件のコメント: