Google+ Followers

2018年3月31日土曜日

あすから新年度

いま、どんな気持ちだろうか・・・

今年の4月1日は日曜日ですので、来年度は4月2日の月曜日から官公庁や企業の新年度がスタートすることになるのでしょう。
新年度を迎えるにあたって、がんばっていこうと決意を新たにされている方も多いことと思います。
いわば、年度での区切りということで考えれば、今夜は大みそかということになるかもしれません。
今月、大きなニュースになった人々は、今夜、どのような気持ちでいるのだろうかと、そんなことを考えてしまいました。
サラリーマンをしていますと、自分の意に反したこと、自分の思いどおりにならないことがいっぱいあります。
むしろ、自分の思いとは違った方向に行ってしまった・・・ということのほうが多いかもしれません。
サラリーマンをしていますと、
  こんなはずではなかった・・・
と、家族にもわからないように、つらい、くやしい気持ちで、涙を流すときもあることでしょう。
組織の一員である限り、たいへん難しいことであることは百も承知ですが、自分の職責をきちんと守って、
  だめなものはだめ
という姿勢をもっていたいものだと思うのです。
ある鉄鋼メーカーでは製品のデータをごまかしていたり、自動車メーカーでは無資格の社員が出荷前の検査をしていたとか、いろいろな不正行為が発覚しますが、多くの心ある社員は、こういったことは悪いことだ、してはいけないことだとわかっていたと思うのです。
しかし、多くの社員は組織の一員として、
  不正なことをしたくないといえば、会社をやめなくてはならない
と悩みながら不正な行為を続けることになってしまったということがあるかもしれません。
先述したように、たいへん難しいことですが、自分の職責をきちんと守ることが、自分自身が不正行為をしないことにつながるとともに、ひいては自分が属する組織の信頼をも守るということにつながっていくのではないかと思います。
どのような人生を送るかは、それぞれにお考えがあると思いますので、いろいろな生き方があってよいと思いますし、むしろさまざまな生き方ができる社会であってほしいものです。
しかし、さまざまな生き方があるとはいえ、退職するころになって、よいこととは思えないようなことで、世間の話題になるようなことは、できれば避けたほうがよいかと・・・。
この春、社会人の一歩を踏み出す方、新任地に赴いた方・・・、どうぞ、健康に留意されて、お元気でお過ごしください。

0 件のコメント: