Google+ Followers

2018年1月18日木曜日

「五輪で茨城PRしよう」

すばらしい投書です!
2018.1.17 読売新聞

 「茨城県は、民間調査会社が実施している都道府県の魅力度ランキングで5年連続の最下位だが」ではじまり、「選手団や観光客を、観光地や特産品で目と胃袋からわしづかみにし、茨城の魅力を発信し、地域活性化につながることを期待したい」で結ばれている投書からは、ふるさとを心から愛する気持ちが感じられ、ほんとうにすばらしいものだと思います。
そして、この投書が17歳の高校生であること、これもすばらしいことだと思います。
もっとも大切なことは、
 オール茨城で取り組み、
 選手団や観光客の目と胃袋を、
  観光地と特産品でわしづかみにして、
   茨城の魅力を発信すること、
    それを地域活性化につなげること
ではないかということでしょう。
昨年末から私のブログで、茨城県北ジオパークに関することを紹介しています(↓)が、ジオパークの活動、その理念や活動目標等のすばらしさはいうまでもありません。

                【ブ ロ グ】

理解や認識が低いのはジオパーク制度そのものでは?

日本ジオパーク いちばん大事なことは・・・?

【補足】 日本ジオパーク  いちばん大事なことは・・・?

これからもがんばれ! 「茨城県北ジオパーク」

ネモフィラの花畑をはじめとして、茨城県の魅力をどんどん広めていけばよいことで、もっともっと大きな視点で、幅広い活動をしていくことが大切なことではないかと、そんなふうに思うのです。
大洗海岸
茨城県の魅力といえば、なんといっても海があることです。 
海なし県の群馬県に住む私としては、とくに海は魅力的なものです。
あんこう鍋
そして、茨城県にはおいしい食べ物があること、これも大きな魅力です。 
平磯海岸
海を眺めながら物思いにふけるもよいでしょうし、ガイドの方の説明を聞いて、この海岸のおいたちなどを知るのも楽しいことだと思います。
五浦海岸
2020年のオリンピック・パラリンピックに向けて、そして茨城県には2020年以降もがんばってほしいと思っています。

0 件のコメント: